日本のギフトの贈与:Gift Giving Japan

スポンサーリンク
行事

縁起の良い装飾の重要性-京都の宮廷の古代の儀式は、贈り物の習慣に永続的な影響を与え、装飾でさえも深い意味を持っています

NHK WORLD-JAPANより
スポンサーリンク

水引とは

水引(みずひき)は祝儀や不祝儀の際に用いられる飾りで贈答品の包み紙などにかける紅白や黒白などの帯紐。贈答品や封筒に付けられる飾り紐のことで、その形や色により様々な使い分けを行う。もしくは、飾り紐などに使われる。また飾り紐としてだけでなく、などの置物や髪飾りとしても使用される。(ウィキペディアより)

起源

室町時代の日明貿易において明からの輸入品の箱全てに赤と白の縄が縛り付けられており、この縄は明側が輸出用の品を他と区別するために使用していたに過ぎなかったが、日本側がこの縄を贈答に使用する習慣と誤解し、以後の日本で贈答品に赤と白の紐をかけるようになったという説や、航海の無事を祈ったり海賊から守るための魔除けとして縄に塗った黒色毒が解くと赤色に変色したという説などがある。 また宮廷への献上品には紅白の麻の紐で結ぶ習慣があった。

水引と日本の贈答文化

水引は未開封であるという封印の意味や魔除けの意味と人と人を結び付けるという意味あいがあり、水引結びは引けば引くほど強く結ばれるものが多い。いわゆる日本の贈答ラッピングである水引は、西洋のラッピングやリボンのように解く事を前提としたものとは意味合いが異なる。品物を包む和紙の折型水引の結び方表書きの書き方によって用途を使い分ける。

水引細工

大正5年(1916年)頃、金沢市の津田水引折型の創始者、津田左右吉がそれまでは平面的であった水引結びから立体的な鶴亀松竹梅や鎧具足などの水引細工を創作したのが始まりとされる。その津田流水引独自の作風を加賀水引として確立させ金沢市の希少伝統工芸として定着している。水引細工は結納や金封に飾るようになり一般的に認知されるようになった。 昭和時代になると、水引の結び方もさまざまな結び方が開発され金封、結納品、水引細工の生産が増えた。現在では、封筒に付ける飾り紐や小物や趣味として作成されている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
行事
スポンサーリンク
シェアする
教えて日本のことーTell me about Japan