相撲ーSumo

スポンサーリンク
歴史

相撲(すもう)は、土俵の上で力士が組合って戦う形を取る日本古来の神事や祭で、同時にそれを起源とする武芸や武道の一つと言われる。興行としては大相撲が行われている。日本由来の武道・格闘技・スポーツとして国際的にも認知されている。

スポンサーリンク

横綱土俵入り(Yokozuna Ring-Entering Ceremony)

NHK WORLD-JAPANより

相撲の起源

日本における相撲の記録の最古は、『古事記』の葦原中国平定の件で、建御雷神(タケミカヅチ)の派遣に対して、出雲の建御名方神(タケミナカタ)が、「然欲爲力競」と言った後タケミカヅチの腕を掴んで投げようとした描写がある。その際タケミカヅチが手を氷柱へ、また氷柱から剣(つるぎ)に変えたため掴めなかった。逆にタケミカヅチはタケミナカタの手を葦のように握り潰してしまい、勝負にならなかったとあり、これが相撲の起源とされている。

  人間同士の相撲で最古のものとして、垂仁天皇7年(紀元前23年)7月7日 (旧暦)にある野見宿禰と「當麻蹶速」(当麻蹴速)の「捔力」(「すまいとらしむスマヰ」または「すまいスマヰ」と訓す)での戦いがある(これは柔道の起源ともされている)。                       

ウィキペディア(Wikipedia)

大相撲とは

大相撲ーOzumou, sponsored by the Japan Sumo Association, is the most famous and prestigious competition event held all over the world.Only men can stand on the ring and participate.

日本相撲協会が主催する大相撲(おおずもう)は、世界中で行われる相撲興行の中で、最も有名かつ権威のある競技興行である。 土俵に立つものおよび出場できるものは男性に限られる。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史
スポンサーリンク
シェアする
教えて日本のことーTell me about Japan