歴史

歴史

日本刀(Japanese sword)

日本刀(にほんとう)は、日本固有の鍛冶製法によって作られた刀類の総称でです。日本で製作された刀剣を言います。日本刀は、平安時代末期に出現し、それ以降、日本の刀(かたな)の主流となった湾刀を表します。
歴史

相撲ーSumo

相撲(すもう)は、土俵の上で力士が組合って戦う形を取る日本古来の神事や祭で、同時にそれを起源とする武芸や武道の一つと言われる。興行としては大相撲が行われている。日本由来の武道・格闘技・スポーツとして国際的にも認知されている。
歴史

日本の城~現存する天守閣12選

 天守閣が現存するのは12ヶ所有ります。1弘前城、2松本城、3丸岡城、4犬山城、5彦根城、6姫路城、7松江城、8備中松山城、9丸亀城、10松山城、11宇和島城、12高知城、の12城になります。
歴史

日本の城ーJapanese castle

 現存の城は室町時代末期以降、特に松永久秀が多聞山城や信貴山城を築いた頃や、織田信長が岐阜城や安土城を築城した頃に発生したと考えられている。その後豊臣秀吉により大坂城や伏見城などが築かれ、重層な天守や櫓、枡形虎口を伴う城門に代表される、現在見られるような「日本の城」が完成しました。
歴史

今川義元(Imagawa Yoshimoto)-이마가와 요시모토

今川 義元(いまがわ よしもと)は、戦国時代の駿河国及び遠江国の守護大名・戦国大名。今川氏第11代当主。姉妹との婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義理の兄弟にあたる。「海道一の弓取り」の異名を持つ東海道の広大な地域の支配者。
歴史

明智光秀(Akechi Mitsuhide)-아케치 미쓰히데

明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけて武将・大名。美濃の国主となった斎藤道三に仕えた。
歴史

織田信長(Oda Nobunaga)-오다 노부나가

尾張国(現在の愛知県)の織田信秀の嫡男。家督争いの混乱を収めた後に、桶狭間の戦いで今川義元を討ち取り、勢力を拡大した。足利義昭を奉じて上洛し、後には義昭を追放することで、畿内を中心に独自の中央政権を確立して天下人となった。He established a central government and became a world-renowned man. However, on June 21, 1582, his chief vassal, Akechi Mitsuhide, rebelled and committed suicide at Honnoji Temple.
歴史

戦国武将(Sengoku warlord)-전국 무장

15世紀末から16世紀末にかけて戦乱が頻発した時代区分である。室町幕府の権威が低下した、守護大名に代わって全国各地に戦国大名が台頭した。領土拡大のため他の大名と戦闘を行うようになった。こうした大名の有名武将を戦国武将と呼ぶ。It is a period division in which wars occurred frequently from the end of the 15th century to the end of the 16th century. Sengoku daimyo emerged all over the country in place of the guardian daimyo, whose authority of the Muromachi Shogunate declined. He began to fight with other daimyo to expand his territory. Such a famous warlord of a daimyo is called a Sengoku warrior.
スポンサーリンク