日本の節分~Setsubun in Japan

スポンサーリンク
行事

※アフィリエイト広告を利用しています(We use affiliate advertising)

節分とは「季節を分ける」ことも意味しています。各季節の始まりの日(立春、立夏、立秋、立冬)の前日ことをいいます。季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると信じられていたため、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われていた。「Setsubun also means “dividing the seasons”. It refers to the day before the beginning of each season (the first day of spring, the first day of summer, the first day of autumn, and the first day of winter). It was believed that evil spirits (demons) appeared at the turn of the seasons, so rituals were held to ward off evil spirits.」

節分は毎年2月4日ごろに行われる。(Setsubun is held around February 4th every year.)

スポンサーリンク

豆まき(sowing beans)の由来

豆まきには「鬼を打ち払う」意味と、「豆を投げ与えて恵み、静まってもらう」という、2つの意味が込められています。

昔の人は、豆=穀物は、生命力と魔除けの力を持っていると考えていました。同時に、まめは、「魔目(まめ)」を鬼の目に投げて鬼を滅する(魔滅=まめ)に通じることから行われました。豆は、生の豆ではなく煎った豆を使いますが、「豆を煎る」は「魔の目を射る」に通じます。

節分の豆まきといえば、「福は内、鬼は外」と言いながら、豆をまくのが一般的だと思っているかもしれませんが、各地によって違いがあります。~真源寺(鬼子母神を祀っている)では、「福は内、悪魔外」と言います。奈良県吉野町の金峯山寺では、役行者が鬼を改心させて弟子にしたので、「福は内、鬼も内」と言うそうです。

恵方巻き(Ehomaki)

発祥は諸説ありますが、江戸時代末期に大坂・船場で商売繁盛の祈願として始まったとも言われています。「恵方を向いて丸かじりして無言で食べ切れば、願いがかなう」と言われています。「There are various theories about its origin, but it is said that it started at the end of the Edo period as a prayer for prosperous business in Senba, Osaka. It is said that if you face the lucky direction and eat the whole thing without saying a word, your wish will come true.」

太巻きの具は、七福神にあやかり、また福を巻き込むという意味も込め、七つの具を入れるのがよいとされている。太巻きは、鬼が忘れていった金棒という見立てもあるようで、食べる=鬼退治という意味合いもあるようです。

参参考動画~英語で伝える日本の文化 節分編

ミキ(Miki)
ミキ(Miki)

恵方巻は私も食べました。(I also ate ehomaki.)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
行事
スポンサーリンク
シェアする
教えて日本のことーTell me about Japan