日本刀(Japanese sword)

スポンサーリンク
歴史

 日本刀(にほんとう)は、日本固有の鍛冶製法によって作られた刀類の総称でです。日本で製作された刀剣を言います。日本刀は、平安時代末期に出現し、それ以降、日本の(かたな)の主流となった湾刀を表します。

Japanese sword is a general term for swords made by the blacksmithing method peculiar to Japan. A sword made in Japan. The Japanese sword represents a bay sword that appeared at the end of the Heian period and has become the mainstream of Japanese swords since then.

スポンサーリンク

Katana: The Art of Discipline – Spiritual Explorers

Reference video

日本刀(にほんとう)といつ頃呼ばれたの?

「日本刀」という名称は日本国外の刀剣と区別するためのものであり、日本国内で「日本刀」という用語が広まったのは、海外の文化が流入した幕末以降のことで、それ以前は単に「刀(かたな)」や「剣(つるぎ・けん)」と呼んだり、「打刀」や「太刀」など小分類で呼ぶのが普通であった。また、木刀・竹刀・模擬刀に対置して「真剣」と呼ばれることもあります。

参考サイトの紹介

刀剣ワールド 【刀剣ワールド】刀剣・日本刀の専門サイト (touken-world.jp)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史
スポンサーリンク
シェアする
教えて日本のことーTell me about Japan