織田信長(Oda Nobunaga)-오다 노부나가

スポンサーリンク
歴史

尾張国(現在の愛知県)の織田信秀の嫡男。家督争いの混乱を収めた後に、桶狭間の戦いで今川義元を討ち取り、勢力を拡大した。足利義昭を奉じて上洛し、後には義昭を追放することで、畿内を中心に独自の中央政権を確立して天下人となった。しかし天正10年6月2日(1582年6月21日)、重臣・明智光秀に謀反を起こされ、本能寺で自害した。

Nobuhide Oda’s son in Owari Province (now Aichi Prefecture). After the turmoil of his family struggle, he defeated Yoshimoto Imagawa in the Battle of Okehazama and expanded his power. He devoted himself to Yoshiaki Ashikaga and later exiled Yoshiaki, establishing his own central government centered on Kinai and becoming a world-renowned man. However, on June 2, 1582 (June 21, 1582), his chief vassal, Akechi Mitsuhide, rebelled and committed suicide at Honnoji Temple.

スポンサーリンク

織田信長(おだ のぶなが)の経歴(Career)

1534年6月23日(天文3年5月12日)誕生~1582年6月21日(天正10年6月2日)没

Born June 23, 1534-Sunset June 21, 1582

◇1546年(天文15年)に家督を継ぐ。(Take over the family)
清洲城の主になる
◇1559年(永禄2年)に尾張国を支配下に収める。(Take control of Owari Province)
◇1560年(永禄3年)「桶狭間(おけはざま)の戦い」で今川義元を倒す。(Defeat Yoshimoto Imagawa)

今川義元の大軍約2万5千人を2千人程度の兵で田楽狭間に襲撃し、義元の首級を挙げました。「桶狭間(おけはざま)の戦い」

◇1562年(永禄5年)に三河の松平元康(のちの徳川家康)と盟約を結ぶ。

Concluded an agreement with Motoyasu Matsudaira (later Ieyasu Tokugawa).

◇1575年(天正3年)、長篠の戦で甲斐の武田勝頼に勝利する。

Defeat Takeda Katsuyori of Kai in the Battle of Nagashino.

◇1576年(天正4年)、安土城を築城して移る。(Build Azuchi Castle and move.)

安土城は七層造り天守閣を持つ本格的な城郭で、その豪華さは人々を驚かせました。

安土城
◇1580年(天正8年)、抵抗していた石山本願寺が降伏して、畿内も平静になりました。

◇1582年(天正10年)

2月、甲斐の武田氏を滅ぼした後、同年5月、備中高松城(びっちゅうたかまつじょう・岡山県)を包囲して毛利勢と多々さ戦っていた秀吉から救援要請を受けて5月29日、信長は安土城をたって上洛し本能寺に泊まりました。しかし、6月2日の未明、家臣の明智光秀(あけち みつひで)の襲撃を受けて自刃しました。

織田家の家紋

織田信長の参照画像(ユーチューブより)

【まんが人物伝】織田信長『角川まんが学習シリーズ』
姫(Princess)
姫(Princess)

織田信長さんを紹介しました。この殿方は知れば知るほど惹かれるわ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史
スポンサーリンク
シェアする
教えて日本のことーTell me about Japan