奈良:春を待つ古都 – 日本のキャッツアイビュー

スポンサーリンク
情景

日本の古都である奈良の猫は、古代の寺院や和紙の下で日々を過ごしたり、梅園の枝の間を疾走したりしています。The cats of Nara, the former Japanese capital, idle away their days in ancient temples and under sheets of washi paper or darting among the branches of plum tree orchards.

奈良の大仏

日本の猫の目~奈良

日本の各地いる猫の目でみた光景を動画で紹介して行きます。今回は奈良、よろしくお願いいたします

スポンサーリンク

 Nara: An Ancient Capital Awaits Spring – A Cat’s-Eye View of Japan-動画

Nara: An Ancient Capital Awaits Spring - A Cat's-Eye View of Japan
Watch more animal shows on NHK WORLD-JAPAN! quality content availabl...

奈良

奈良県(ならけん)は、日本の近畿地方に位置する。紀伊半島内陸部にあり、令制国の大和国の領域を占め、北西部の盆地部を除けば険しい山々がそびえています。 

奈良県の観光地

奈良県には日本国の重要文化財に指定される建造物のうち実に267件が所在する。そのうち国宝の建造物は64件で都道府県では国内最多である。また、国宝彫刻128件のうち奈良県にはその過半数の71件が所在する。そのほとんどは寺院にある仏像で、法隆寺と興福寺にはそれぞれ17件があり施設別では最も多い。

法隆寺

法隆寺

法隆寺(ほうりゅうじ)は7世紀に創建され、古代寺院の姿を現在に伝える仏教施設であり、聖徳太子ゆかりの寺院である。創建は金堂薬師如来像光背銘、『上宮聖徳法王帝説』から推古15年(607年)とされる。金堂、五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分けられる。境内の広さは約18万7千平方メートル。西院伽藍は、現存する世界最古の木造建築物群である。

薬師寺

薬師寺

薬師寺(やくしじ)は、奈良県奈良市西ノ京町にある法相宗の大本山の寺院。本尊は薬師三尊。薬師寺は天武天皇9年(680年)、天武天皇の発願により、飛鳥の藤原京の地に造営が開始され、平城京への遷都後の8世紀初めに現在地の西ノ京に移転したものである

ウィキペディア(Wikipedia)より

これまでの日本のキャッツアイビュー