五月人形ーMay dollー오월 인형

スポンサーリンク

5月5日の子ども日(端午の節句)に飾る人形です。男子の誕生を祝うとともに、無事に成長し、強く、逞しく、賢い大人になるようにとの願いを込めて飾ります。

スポンサーリンク

五月人形と端午の節句

「こどもの日」として祝われる5月5日。この日は五節句の端午の節句にあたります、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。

 江戸時代に入り、貴族から武家に移るとともに、「菖蒲(しょうぶ)」の音が、武を重んじる「尚武(しょうぶ)」と同じであることから、「端午の節句」は、「尚武(しょうぶ)」の節句として、武家の間で盛んに祝われるようになりました。この節句は、家の後継ぎとして生れた男の子が、無事成長していくことを祈り、一族の繁栄を願う重要な行事となったのです。「3月3日のひなまつり」が、女の子のための節句として花開いていくのに呼応するように、「5月5日の端午の節句」は、男の子のための節句として定着していきました。

端午の節句の飾りつけは家の中に飾る「内飾り」と屋外に飾る「外飾り」に大きく分かれます。それぞれ、質も意味合いも違うので、できれば両方を飾ることが望ましいとされています。

「内飾り」

内飾りには、現在、メインとなっている鎧または兜飾りがあります。

鎧や兜を飾ることは武将にとっては自分の身を護る大切な道具であり、シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。現在は鎧兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。

「外飾り」

外飾りは、鯉のぼり、武者幟で、鯉のぼりは立身出世を祈るためのものです。

 鯉のぼりは、江戸時代に町人階層から生まれた節句飾りです。非常に生命力の強い魚で、その鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説にちなみ、子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの立身出世を願う飾りです。

一般社団法人「日本人形協会」サイトより

参考動画(ユーチューブより)

【刀剣ワールド】五月人形とは|YouTube動画

おひな祭りはこちら

サチ(Sachi)
サチ(Sachi)

3月3日は女の子の節句、5月5日は男の子の節句です。私もおひな祭りやりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
行事
スポンサーリンク
シェアする
教えて日本のことーTell me about Japan