風鈴(Wind chimes)ー풍경

スポンサーリンク
四季

夏の季節になると、風鈴(ふうりん)の涼やかな音色に癒やされるという人も多と思います。風鈴は、日本の夏に家の軒下などに吊り下げて用いられる小型の鐘鈴(しょうりん)です。風によって音が鳴るような仕組みになっています。日本の夏の風物詩の一つです。

スポンサーリンク

風鈴は

風鈴は、金属ガラスなどで手のひらに収まるくらいの大きさのお椀型をした外身を作り、それを逆さにして開口部を下向きに吊り下げられるように外側に紐をつける。内側には「舌」(ぜつ)と呼ばれる小さな部品を紐で吊り下げ、その紐の下先には短冊を付けて風をよく受けるようにしてあります。

風鈴の分類は

素材で分かれます、主に金属製とガラス製の二つに分類できます。代表的なのは

南部鉄製の風鈴

南部鉄製の独特なリーンリーン澄みとうる音色が聞ける風鈴です。古く(900年程)の歴史がある風鈴です。日本を代表する風鈴の一つです。

ガラス製の風鈴

音色はチリチリーとした音です。ガラス製の風鈴は江戸風鈴とも呼ばれ、もっとも有名な風鈴の一つ。内側に描かれる伝統的なのは金魚・朝顔などの夏らしい模様など、を見た目もひんやりと涼しげです。江戸風鈴は切り口の部分がギザギザになっており、そこに管があたると音が変化して、音と目で楽しめます。

日本の風鈴の歴史は

風鈴の起源は中国で、風の向きや音の鳴り方で吉凶を占う道具でした。日本には仏教の伝来とともに日本に伝わり、厄除けとして使われていたそうです。ガラス製の風鈴が出始めたのは1700年頃のこと。長崎のガラス職人が見せ物として大阪、京都、江戸を興行しながら伝わってきたと言われています。

今は各地で夏に「風鈴まつり」があります。夏の風物詩の一つです。

代表的な風鈴まつり

正寿院 風鈴まつり
サチ(Sachi)
サチ(Sachi)

風鈴は日本の夏の風物詩の一つです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
四季
スポンサーリンク
シェアする
教えて日本のことーTell me about Japan