日本の情景~紀州 – 木で造られた文化

スポンサーリンク
情景

※アフィリエイト広告を利用しています(We use affiliate advertising)

紀州(きしゅう)は日本の紀伊国の別称で、7世紀に成立した当初は、木国(きのくに)であった。名称の由来として、雨が多く森林が生い茂っている様相から「木国」と命名された、という説がある。また、今の和歌山県北部が、有力豪族である紀国造が支配していた地域であるから「紀の国」というようになった、という説もある。

スポンサーリンク

紀州 – 木で造られた文化

Kishu – A Culture Built with Wood

木炭(もくたん)

木炭(もくたん)は、木材を蒸し焼きにし炭化させて作るである。日本の木炭は、400℃あたりの温度で炭化を進めた後、精錬工程として細かな「ネラシ」が入るのが特徴である。白炭は空気を入れて未炭化成分を焼き飛ばすネラシを行い、黒炭は密閉した炉内で時間をかけて炭化を上げるネラシを行う。(ネラシ=炭化の終わりに炭窯の温度を上げて炭の中のガス分を抜き、同時に焼き締めること。)

備長炭

ウィキペディア(Wikipedia)より

スポンサーリンク
スポンサーリンク
情景
スポンサーリンク
シェアする
教えて日本のことーTell me about Japan